【経営】11月のテレワーク月間、令和3年度の主な予定を公表

テレワーク推進フォーラム(総務省、厚生労働省、経済産業省及び国土交通省の呼びかけにより平成17年11月に設立された産学官のテレワーク推進団体)では、平成27年から11月を「テレワーク月間」として、テレワークの普及促進に向けた広報等を集中的に行っています。

総務省では、関係府省、団体等と協力し、テレワーク月間中に、テレワークの先駆的な取組を行っている企業の選定及び表彰、テレワーク・デイズの実施報告会を実施します。

新型コロナウイルス感染症の発生を踏まえ、人と人との接触を減らしながら業務を継続できるテレワークは、感染拡大の防止と経済活動の両立の観点からも、これまで以上に重要なものとなっており、総務省は、テレワーク月間を機に、テレワークの積極的な活用をあらためて全国に呼びかけるとのことです。

■主な取組の概要

総務省における令和3年度テレワーク月間(11/1(月)~11/30(火))の主な予定

○11月2日(火)

テレワーク推進フォーラム産官学連携セミナー

・主催︓テレワーク推進フォーラム

・時間︓13:30〜16:30

・場所︓オンライン開催

○11月26日(金)

テレワーク・デイズ終了報告会

・主催︓総務省

・時間︓14:00〜16:00

・場所︓オンライン形式(中継スタジオ エクサインターナショナル バーチャルスタジオ)

○11月30日(火)

「働く、が変わる」テレワークイベント(総務省・厚⽣労働省の合同表彰)

・時間︓13:30〜16:00

・主催︓総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣府及び内閣官房

・共催︓テレワーク推進フォーラム

・関係者のみ参加、無観客、WEB配信あり

また、テレワーク月間の取組の1つとして、総務省は、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房及び内閣府と共同で、都道府県、政令指定都市及び経済団体等に対し、「テレワーク月間」の協力依頼を発出いたします。

テレワーク月間では、テレワークに関する活動を実施している個人や企業を募集しています。テレワーク月間サイトで配布しているテレワーク月間のロゴマークやPDFのポスターを広く活用いただき、テレワーク月間活動への参加を呼び掛けています。また、テレワーク月間サイトから活動登録をすると企業名・取組内容がサイトに表示されますので、積極的な登録を募っています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

参照ホームページ[テレワーク月間サイト]

https://www.teleworkgekkan.org/

関連記事

  1. 【経営】「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

  2. 【経営】令和3年の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合が過去最高を更…

  3. 事業場における労働者の健康保持増進のための指針の改正

  4. 【労務】新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の対象となる「休…

  5. 【労務】令和3年度 産業保健関係助成金について

  6. 【経営】クラウドサービスやテレワーク環境を利用する際の個人情報の漏えい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA